セラピスト紹介
 
リンパケアセラピスト
   
名 前
かわさきみちこ
誕生日
5月7日
血液型
AB型
好きなこと・もの
りんご
食べるのもすきですがりんごモチーフの物なら何でも好きで雑貨屋さんやお土産物屋さんではりんごモチーフのものを探します。
手仕事
棚とかテーブルとか作ります。サロンのカウンターも私が作りました。でもあまり細かくみないでね(^_^;)下書きが出てたり曲線がガタガタだったり・・・いいんです、わたしがよければ♪♪
料  理 お友達が来ると「りぼんcafe'」という謎の食堂を開くほど、大好きです。おうし座は美味しいものに囲まれていると幸せなのです。
写 真最近のスマホって写真キレイに撮れますね✨お陰様ですっかりiPhone6sでお散歩中にいっぱい撮影してます。上手でなくてもいい、たくさん撮ろうって、思って愉しんでます。
空・花
空を見上げるのが大好きです。明け方の空、夕暮れの空、晴れた青空も曇り空を眺めるのも好きです。一瞬で変わるその様子に目と心を奪われて、上を向いてずーっと、立ってます(笑)
花も大好きです。大好きなお花屋さん『花とみどりと茶色い犬』の美佳さんから頂いてくる花を玄関先に挿して愉しんでいます。
『花とみどりと茶色い犬』おススメですよ♪♪
葵区大岩66-32パークサイド城北1-D(中央図書館すぐ近くです)
音 楽スティービーワンダーのRibbon in the skyが大好きです。
JAZZを聴きます。ビートルズとかも好きです。
家 族 こどもが3人います。
1人は独立したので今は3人暮らしです。
24歳・13歳・6歳 男子男子女子です。
 
わたしがREBORNを始めたわけ
 
REBORNは今から2年前に、葵区上足洗で出張リンパケアサービスとしてスタートしました。
出張に特化していた理由は店舗がなかったこと。
 
自分のこどものうち1人はまだ年齢が小さかった為、仕事をできる時間帯が限られていた。
そのことを了承くださる友人・知人のみの施術依頼を時間交渉しながら受けていたから。
 
半年ほど出張でお受けしていた予約も、ご利用くださっているお客様からのご紹介でだんだんと増え、来店を要望くださる方も多くなってきたことから2014年10月に同じ上足洗で店舗を借り、カラダ・ココロケアREBORNとして再スタートを致しました。
  
わたしの父方の家は約70年ほど前から市内で指圧院を営んでおりました。
祖父と父は指圧師・祖母は指圧師で母乳マッサージもしていました。
 
戦後のまだ整わない静岡の街を割烹着をかけた祖母は、風呂敷に包んだ施術道具を持ち、
あちらこちらの産院にマッサージに呼ばれて行っていたそうです。
 
小さなころから、人体模型の骨がカタカタと音を鳴らす診療室でおままごとをしながら父の
仕事終わりを待つ生活をしていましたので、いつかは自分も父と同じ仕事をするのかな・・・
と思っていたと記憶しています。
 
しかし、小学4年生の時に両親が離婚。大好きだった父と別れ、遊んで過ごした診療室とも
離れ、いつしか父の跡を継ぐ・・・という想いも忘れ時は流れて行きました。
 
その後結婚や出産、離婚など自分の人生の時を紆余曲折歩んでいた33歳の時、
リンパケアセラピストの資格を取得するチャンスに巡り合いました。
 
学ぶうちに蘇ったのは幼い頃過ごした父の診療室の記憶。腰の痛い患者さんが顔をゆがめ
て診療所にやってきて、帰る頃には背筋を伸ばしにこにこと笑顔で歩いていったこと。
 
痛くなくなるまでやる。よくなるまで診る。
と仕事をしていた祖父や祖母、父の診療する姿でした。
やはり、自分自身も父や祖父母のように誰かの痛みを軽くするお手伝いができるような仕事
がしたい。そう気持ちも新たにし、セラピスト資格を取得いたしました。
 
2004年 
 
 
リンパセラピスト資格取得
子育ての傍らイベントなどに出張リンパケアサロンを出店
会社員やアルバイトなどで生計を立てながらも細々と活動を続ける。
2012年
上足洗の自宅を拠点に出張専門リンパケアサロンREBORNをはじめる。
2014年
上足洗に店舗を構え、カラダココロケアREBORNをはじめる。
2016年
大岩宮下町に自宅兼店舗を移し、再スタートをする。
 
  今は、子育てしながら自宅で仕事ができることがとてもありがたいです。
  女性が子どもを育てながら働き続けることはとても過酷な現実がつきまといます。
 
  ライフステージの変化に合わせて、自分のキャリアを犠牲にしなければならない女性は
  たくさんいます。今こうして大好きな仕事をしていられることに大変感謝しています。
  
  実家の診療所は、私の長男が柔道整復師の資格を取得し後継してくれました。
  祖父母、父と私、息子と、皆でこうした仕事に就けたことに深い縁を感じています。